規約

小田原藻場再生活動組織 規約                             

                                            2021年12月22日制定

(名称)

第1条 この活動組織は、小田原藻場再生活動組織(以下「活動組織」という。)と称する。

(目的)

第2条 活動組織は、第3条の構成員による、神奈川県地域協議会が策定した地域活動指針に基づく活動を通じ、小田原市片浦地先に存する藻場の地域資源の維持・回復を図ることを目的とする。

(事務所)

第3条 本会の事務所を以下に置く。

 1、小田原市江之浦183-1 (株)江之浦海業センター内

(構成員)

第4条 活動組織の構成員は別紙のとおりとする。

(役員)

第5条 

1、活動組織に、代表1名、副代表1名、書記2名、会計2名、監査役2名の役員を置くこととする。役員は別紙のとおりとする。

2、代表、副代表及び監査役は構成員の互選により選任するものとし、書記及び会計は、代表が指名するものとする。

3、代表は、活動組織を代表し、活動組織の業務を統括する。

4、副代表は代表を補佐し、代表が欠けたときは代表を代行する。

5、書記は、活動組織の業務の事務等を行う。

6、会計は、責任者として事業の会計を行う。

7、監査役は、責任者として事業会計の監査を行う。

(会議)

第6条 

1,活動組織の会議は、必要に応じて代表が招集する。

2、活動組織の会議は、役員の3分の2以上の出席によって成立する。ただし、出席は、委任状をもって代えることができる。

3、会議の議長は代表があたり、議案は出席した役員の3分の2以上により決定する。

否同数の場合は、議長が決するところによる。

4、会議により決定した事項については、書面に記載するとともに、その写しを構成員全員に文章または電子メール等で配布して確認するものとする。

(付議)

第7条 活動組織の目的を達成するため、会議には次の事項を付議するものとする。

一、活動組織の組織運営に関すること

二、活動組織が実施する活動についての計画に関すること

三、活動組織の出納の監査に関すること

四、その他、活動組織の目的を達成するために必要な事項

(雑則)

第7条 この規約で定めるもののほか、必要な事項については、その都度協議するものとする。

(添付様式5別添)

小田原藻場再生活動組織 構成員一覧表

 小田原藻場再生活動組織の構成員及び役員は次のとおり。

 

1・役員

代表 :野瀬 晃治   神奈川県小田原市江之浦183-1 小田原市漁業協同組合

副代表 :浅倉 立記  小田原市漁業協同組合 理事 (株)江之浦海業センター代表取締役

書記: 江森 正典  小田原市漁業協同組合 監事

書記 :滝田 叔歳  NDOSA 代表

会計: 野瀬 勝利  (株)エゾン 代表取締役

会計 :三谷 洋一  小田原市漁業協同組合 

監査役 :米山 健  小田原市漁業協同組合 事務局長

監査役: 府川 元久  小田原市漁業協同組合 事務局次長

2・協力団体

■小田原市漁業協同組合 13名 代表:組合長 高橋征人

■NDOSA 27名 代表:代表 滝田 叔歳

■(株)江之浦海業センター 4名 代表:代表取締役 浅倉立記

■(株)エゾン 4名 代表:代表取締役 野瀬勝利

■米山 健 小田原市漁業協同組合 事務局長

■府川 元久 小田原市漁業協同組合 事務局次長